2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

フィンガーボード完成・・と思ったら

ちまちまフィンガーボードのインレイ入れてました。
Imgp0975

20Fなくなりました。(_ _。)

Imgp0976
インレイを瞬間接着剤で入れてます。


Imgp0977
19F付近・・・3mmインレイいいぞぉ


で、サインディングして、ネックの横のバインディングを削って、設計通りの幅にしてっと
Imgp0979



出来た(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

と思ったら、バインディング入れるポジションマーク入れてなかった。
早速穴あけ

Imgp0982

手でくるくる回して、人力ドリルw

Imgp0983

エポキシで埋めて

Imgp0984

気になるところをエポキシで補修

明日もヤスリ掛だ
ボディもサインディングしてバインディングの溝掘らなきゃ・・

仕様変更・・

トップの割れは、補修できたみたいだが、何となく波打ってます・・・ガクゥゥ・・(||__)/・・
ボディのトップとバックのはみ出た部分を削ってました。
くびれの部分は、ルーターで切っちゃいました。

さて、重大な問題が起きてしまった。トップを削ってるときに、ボディに入れたネック横のインレイを削ってるんだ。
確か、きちんと寸法測ってちょうどいい長さにしたはずだが・・・
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!、トップがずれてる・・・・接着のときにセンターばかり気をとられてたんだ・・・
しかも、悪いことにネック側に4mmも・・・・
今のフィンガーボードだと4mm切って、4mm溝掘ると、20フッレットまで1mmしか残らん・・
溝きりで間違いなくボードが欠ける。うまく行ったにしてもフレット打つとき間違いなく欠ける・・
しかもフィンガーボード横のバインディングも接着済み・・・のこぎりでは切れない・・
今日一日対策を考えてました。
出した結論は、ルーターでちまちま削ってカッターと彫刻刃で成型、そして
19フレット仕様にしました。(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
ただ、インレイ入れる溝が1.5mm広くなってしまう・・・
で、ブランクで3mm幅のストレートインレイを作りました。
Imgp0974

左が切り出したレッドアバロンのブランク
中が切り出したインレイ
右が、3mm削って、バインディングを付けた所
しかし、貝殻切るのに500円で買った糸鋸は使えない。。。
まったく切れない。スパイラルのやつなんだけど・・替え刃まで買ったのに・・
で、普通ののこで切りました(爆)
糸鋸買わなくちゃ・・・o( _ _ )oショボーン

2008年5月29日 (木)

悪夢・・・

昨日ボディの写真を忘れてたなぁ
Imgp0955

Imgp0956

割れたと思われるトップのところが何か変だ・・

何とかなってかな。。。。と昨日は思ってたんだ。
今日、はみ出したトップとサイドをカンナで削ってたんだが、腰のくびれ部分が削れないので、糸鋸で切ってたんだ。
ポキッ

ゲッ

・・・・・・・・・・☆≡(>。<)くしゅんっ!


Imgp0969

サウンドホールが二つになったぁヽ(‘ ∇‘ )ノ

悪夢だぁぁぁぁぁ・・・・

しゃーない、3ピースのトップにしよう・・・・・・ガックリ
Imgp0971



頼むぞタイトボンド!お前だけが頼りだ。。。。。あっクランプ君も期待してるぞ・・

んで、フィンガーボードのインレイ欠けを修理することにしました
Imgp0966


結果は、写真とるの忘れました。

まぁこんなもんかぁ程度です。

フレット打つとき割れなきゃ良いけどなぁ

で、フィンガーボード横のバインディングとパーフリングの接着だ

パーフリングは、大和マークさんで1.2mmを買いました・

最初の計画はボツ

Imgp0972_2 いつもの事ながら、接着前は緊張だ



Imgp0973

左右いっきです。
明日は下の部分だな

2008年5月28日 (水)

失敗の黒

  昨日夜中にヘッドのインレイを接着しておいたので、サインディングしました。

Imgp0957

この黒がいいと思ったんだけどなぁ・・

Imgp0958

がっくし・・・・

接着する前まで、サペリの削りカスで色付けしようと思ったんだが

ラリビーのヘッドのインレイを見てしまったんだ。。。

黒で引き締まってかっこいいんだ・・・

技術がぜんぜんついて行ってないんだなぁ・・・トホホ

さて、フレットの溝きりだ。
インレイが欠けるような気がしたので、フレットを切るではなく、削る感じでやったのだが・・・
欠けました・・・・
Imgp0960

のこぎりです。
上がよく見るフレットソー、下がホームセンターで見かけるのこ
両方あさりが付いてないので、押し引きが重いです。(のこの鉄板と刃の部分の厚さが同じ)
Imgp0959

クランプであて板を止めて


Imgp0961_3 削るべし・・

写真をよく見るとインレイの欠けた残骸が写ってる。
どうしようかなぁ・・エポキシで埋めちゃおうかなぁ

で、深さチェック
Imgp0962

3mmです



Imgp0963

とりあえず完成


ネックに乗せたところ


Imgp0964


うーーんヘッドのインレイ周りの黒が目立つ・・・

やっちまった

箱物は蝶ねじはずすのが、めんどいので明日っと
今日は、ペグの穴あけだ
Imgp0946_2
ボール盤もどきを買ってきました。
直角に穴を開けられないのは、クランプ作りで身にしみたからなぁ
2980円ビットが8本セットで580円
一個あたりの穴、約600円・・・・・・


Imgp0947 施工中


Imgp0948

完成


そしてヘッドのインレイ入れ

まずは溝きり

Imgp0949

ここで、やっちぃまった。

違うところを削ってました。がーーーーん

貝をいれてみてっと


Imgp0951

まずまずに見えるが



Imgp0954

拡大すると。・・・・・・・しょぼーーーん


エポキシの色をどうするか悩んだのだが、同じっぽくするか・・

黒でやりました・・削りすぎたところはどうなるのだろう。。


2008年5月27日 (火)

バックの接着

昨日のトップのバッキン音。。見事に割れてました。
Imgp0937

まっ、大丈夫でしょう。この後も悲劇が・・

Imgp0934

なにげにXのところに布テープ・・・しっかり曲がってるw

バックの接着段取り完了

Imgp0938



Imgp0939

ふぃーー、蝶ねじありすぎ
ボルト長すぎ・・・ここで、またしてもバッキン音
くぁぁぁ、またトップ割れた・・・・
昨日よりも深そう・・・・・・・明日も怖いぞ・・・

そして、ヘッドのインレイのマーキング
Imgp0943

赤鉛筆折れまくり、しかもサインディングしすぎで滑って書けない・・


恒例のインレイ乗せw


Imgp0945

インレイの黒線はセンターラインです。
上がずれてるでしょ・・・
入らないから無理やり曲げていれたのよ・・・なにか変だけどすぐになれるでしょw

2008年5月25日 (日)

トップ接着

トップの接着しました。
Imgp0931
自家製の何とかクランプ。
下は測量杭、上の丸いのがスコップの柄です。
まっすぐに穴が開いてないので大変です。

買ったほうが良かったなぁ

Imgp0930 しかも、ボルト?長すぎた・・・
蝶ねじ締めるの大変・・・
締めすぎて一箇所、トップが折れました・・・ぐぁ
クランプはずすのが怖いぞ!
恐ろしいことになってなきゃいいけど・・

そして、昨日接着したインレイのサインディング

Imgp0932

シャカシャカ削ります。120番から初めて240番、400番っと

Imgp0933

うーーん、いい感じ!うほっ

2008年5月24日 (土)

ブレージング完了

昨日の夜中、酔っ払ってブレージングの接着、今日の朝も接着
接着完了!
Imgp0928_2

酔っ払って接着したら、表側にクランプの跡が付いちゃった。
結構深い傷だ・・・・トホホ


気を取り直して、フィンガーボードのインレイマーキング開始


Imgp0918_2


美しいw



Imgp0919_2

貝を乗せてみました。いい感じ!

さて、溝きりしようと準備を整え、いざ開始・・・
いきなり、0.7mmのビットがポッキン・・
ぐぁぁぁぁぁ
新品なのに・・2500円くらいしたのに・・・カーボン?なのに・・・
2mmくらいの穴しか開けてないのに・・・・S.マックのあほーーーーーーー

Imgp0926_2

無残!!


気を取り直して、1.2mmで切削しました。


Imgp0925_2


写真で見ると綺麗だよなぁ・・・ガタガタなんだけど・・


さて、いざ接着だ

エポキシにエボニーの粉いれて、混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ・・硬化開始は30分

余裕だな

べたべた・・・・貝いれ開始・・・あれあれ?入らん・・・

ぐぁぁぁぁ、エポキシも5分くらいから粘性が上がってきて、固まりだす・・

あせる・・、手も服も机もベトベト・・・

おまけにエポキシが黒いので、彫った溝が見えなくなるし・・・

そして1時間かけてなんとか終了
Imgp0929

エポキシ塗りすぎ??

明日はブレージングの接着だなぁ。

2008年5月22日 (木)

インレイ仮置き

トップのXブレージングのX部分の接着が終わった。
Imgp0912

バッテン部分はいつものように隙間だらけです。っぅ


そろそろフィンガーボードのインレイに取り掛かろうと、墨だししました。

Imgp0914

貝殻を手で押さえて、赤シャープで外をなぞりました。
瞬間接着剤でちょい付けしようかとも思いましたが、とる時に折れちゃいそうで止めました。
直線部分のインレイ入れで、すでに2個ポッキンしちゃってるし・・

Imgp0917

貝殻を乗せたところ。
渋いでしょw

明日は忙しいから、製作は無理かな・・・・酔っ払ってやっちゃおうかなぁw

2008年5月21日 (水)

ヘッド

今日もXブレージングの接着なので写真は無し。
ブリッジプレートを製作してました。

昨日の夜中せっせとヘッドにインレイ入れてました。
Imgp0909

素人にしちゃ。。。。隙間だらけかぁ・・・

そろそろフィンガーボードのインレイをどうやって入れるか考えなぎゃなぁ・・

2008年5月20日 (火)

隙間だらけだなぁ

昨日パーフリングを入れたところに、インレイ入れました。
Imgp0903

使用前


Imgp0904

使用後

そして、拡大
Imgp0905

ぐぁぁぁ。角度付くところに隙間がぁ・・・・・

あんなに合わせたのに・・・ヤスリでスリスリしたのに・・・
一番見えるところなのに・・・がぅぅ

気を取り直して、サウンドホール開けだ
Imgp0906

なんなく終了

Imgp0907

写真でみるとまずまずだなぁ
ロゼッタはグリーンアバロンでネック横がレッドアバロン
うーーん、レッドアバロンのほうが少し落ち着いて見えるかな?

そしてトップのブレージング接着
Imgp0908

クランプが足りないので一本ずつっと

ん?ブレージングはどうしたかって?
LMIだと角材が来るだけで、後は勝手に切ってね状態・・・
世の中曲がったことだらけなのに、真っ直ぐに細く切るなんて世間が許さないと思い(自信が無いのさ・・・)、スイートマックで、出来合いを買いました。
根性無しです・・・・

2008年5月19日 (月)

地味な作業

昨日は、夜中にこっそりヘッドのバインディング入れしてました。
Imgp0897

写真でみてもガタガタ・・・・

ヘッドの上にバインディングを入れました。


問題はどうやってクランプをかけるかだなぁ


Imgp0902

自転車のチューブがありました。

画期的?w


トップの残りの接着です。

Imgp0899

 


昨日のガタガタもこの通り

Imgp0901

 

って・・・パーフリング短いじゃん・・・・

ぐあぁぁぁぁぁ

接着前はちょうど良かったから、反対側がはみ出し????

明日が怖い・・・

明日は、パーフリング削って、インレイ入れだなぁ

そうして、トップのブレージング接着だな、クランプが少ないから一本ずつかなぁ

あっサウンドホールあけてないや!!

忘れそうw

2008年5月18日 (日)

貝殻到着

今日の朝インレイが到着しました。
Imgp0884



上の右の袋から、ブランクのレッドアバロン
2番目 2mm(幅)×1.5mm(厚) ストレート
3番目 1.5mm×1.5mm      ストレート
4番目 2mm×1.5mm       カーブ

左から3つがフィンガーボードのインレイ
4番目 ピックガード
5番目6番目 ヘッド
うーーん、見事だ、レッドアバロンがピンク色でステキだ

今日の作業は、昨日の続きで、ヘッドのパーフリング、バインディングの接着
Imgp0891

結局横の部分は、後で入れることにする。
今日は片側だけっと

このあとトップのインレイを入れたが、レッドアバロンのカーブが足りないと困るので、LMIで間違えて頼んでいた、グリーンアバロンを入れることにする。
Imgp0887

このピンセット、フッ素加工してあって、接着剤が付かないらしいが・・・・
瞬間接着剤は付きまくりだ、瞬間接着剤をカッターで削りながら使ったが、もうフッ素は取れただろうなぁ。
高かったのに・・・・

そして、ネック横の溝きりだ
Imgp0888

やっぱり、貝殻ろパーフリングを一緒に切るのは無理があったよ

拡大すると
Imgp0889

ガタガタでしかも削りすぎ。
かなりこの写真の後直したんだけど・・・・無理・・・

んで、両サイドから接着

Imgp0890_2



この後、指板にインレイのスケッチを入れようとしたが、酒が飲みたくなったのでやめました。
あせらないあせらないっと・・・

2008年5月17日 (土)

ヘッドのパーフリング溝

今日もまた溝きりです。
まーこんなもんかって感じでした。へたっぴーだけど・・
Imgp0875

珍しく、作業風景。

Imgp0877

ルーターによる削りは終了

溝に丸い跡が付いてるのは、片側のガイドが外れて一瞬落ちた跡

これから、カッターと彫刻等でせっと削れなかった部分を削ります。

Imgp0880_3

ガタガタじゃん・・・・まっ、ここは見えなくなるからよしっと


Imgp0882_2


バインディングとパーフリングを入れる練習をしたがうまくいかない・・・・

ボンド付けるとさらに作業性が悪くなると言うのに・・・

なにか考えなきゃなぁ

 

2008年5月16日 (金)

あぶない!

昨日の予定通り、ボディ寄りのフィンガーボードを切って、溝堀しました。
Imgp0872_3



Imgp0873_2



パーフリングを付けようと、ボンド、水を用意してさて付けるかと思ったら、先にパーフリング付けたら、ボードにインレイ入れたらフレットの溝埋まっちゃうじゃん・・・
フレットボードにインレイ入れた後じゃないとだめだぁ・・
気づいてよかったぁ
今日は、こんなとこしか出来ないや。
であ

2008年5月15日 (木)

覆水盆に返らず

今日は、フィンガーボードにインレイを入れる溝きりをした。
Imgp0870

写真だとそこそこ綺麗でしょ。


溝の幅、間違えました・・・・・・・・・・・・
パーフリング0.8mm+インレイ1.5mm+パーフリング0.8mm=3.1mm・・・・・・・・だよなぁ
何故か、3.8mmだと勘違い。。。。4mmで溝切っちゃった。
パーフリングとポリカを当てると1mmくらい隙間が。。。。
がーーーーーーーん
どうする俺・・
ネックを削ろうか・・予定はナットに部分で43mmだが41mmにしちゃうか。
貝殻を2mm幅にするか・・・・・発注書を見るも、2mmが足りなくなる計算だ・・・
どうする・・
パーフリングを1枚増やすとピッタリだ。これでいくかぁ
問題は多少残るが。(フィンガーボードのインレイが入らなくなるんだよなぁ)
明日、フィンガーボードのネック側を切ってパーフリングの接着するかぁ。
ネック横のバインディングはその後の接着かなぁ・
はぁ・・・・・・・・

2008年5月14日 (水)

ロゼッタインレイ試験w

貝殻来るまで、やることが無かったのでサボってました。
今日はロゼッタのパーフリングをもう一度削って、トップとほぼツライチにしました。
LMIでカーブインレイ(グリーンアバロン)をミスで頼んでしまっていたので、試験的に入れてみました。
Imgp0869

うーーん、写真だといい感じ
実際はガタガタです。

やっぱり、インレイはいいなぁ。
これがレッドアバロンになるとどうなるんだろ。楽しみだぁ。
であ

2008年5月11日 (日)

マシンヘッド成型

昨日は、午後からモールドを修理しました。
少し、形が変わったみたい。サイドのバックのブレース溝きり位置が変わってたもんなぁ・・
まっ、気ににしないでっと

今日はバックとサイドを接着しようと思ったが、トップからやるのが良いみたいなので、止めよう。(まだ心の準備が出来ていない)
昨日接着しておいた、ヘッドプレートごとマシンヘッドを3980円のジグソーで切りました。
定規を当てて、なかなかうまくいった。このジグソー、昨日ホームセンターで見たら7980円だった。フッ
Imgp0863
ネックのくびれた部分は、どうしようかなぁ。木工やすりでチマチマ削るしかないかなぁ。

ちなみにヘッドプレートはサイドバックと同じでキルトサペレです。


午後からは、問題のフィンガーボードの切断だなぁ。うまく直線で切れるかなぁ・・・

フィンガーボード切りました。
Imgp0864

片側切断、まずます

Imgp0866

両側切断完了

ちょいガタガタだけど、カンナで削っていい感じ。
エボニーはカンナでサクサク削れていいぞぉ。

後は貝殻まちだなぁ
であ

2008年5月10日 (土)

ヘッドプレート接着

昨日はトラスロッドの穴埋めだけだったので、何も書きませんでした。
今日は朝から、昨日埋めた埋木を削って、ヘッドプレートの接着を行いました。
Imgp0858
タイトボンド塗布後接着、滑るすべる、ずれるずれる
こんなに滑るのに、バック、トップ、フィンガーボードの接着は、大丈夫かしら。

2008年5月 8日 (木)

なんとかなってた

ロゼッタは無事のようです。100金ハンマーのおかげだ
Imgp0854

貝のスペースの分のポリカが入ってます。
ポリカ抜くとき、なかなか抜けなくてあせったよん

Imgp0856_2

スクレーパーでパーフリングを削ってっと
うーーん、削りかすが何かに似てる。

0.3mmほど残して、もう一回ポリカを入れて貝が来るまで、養生だな。

Imgp0857

後の作業はImgp0852

どうしてもバックのお尻のラインが気に入らず再度カンナで削ってサンダーがけっと


なかなかいい感じになってきた。

モールドの手直しがめんどいなぁ・・・

2008年5月 7日 (水)

ロゼッタ失敗・・

今日は、ゆっくりするつもりだったが、バックのブレージングがサイドのカーフィングに当たるところを削った。いつになく調子がいい、うまく削れた。
しかしサイドをぎゅっと押したら、「バキッ」・・・・・
たぶんカーフィングが折れたんだろう。そうだあってくれ・・・
「このままでは寝れん!」昨日うまくいったロゼッタの溝にパーフリングを入れよう。。。(折れた時に気づくべきだった。「今日はついてない」と)
さっそくパーフリングをちょうどいい長さに切り丸く型をつけて、先端を瞬間接着剤でくっつけ、もう一度当ててみる。
短いじゃん!!!!(ここでも気づくべきだった)
パーフリングは、これからたくさん使うし、無駄には出来ん。指板を2mmくらい長くしようそうしたら隠れるな。
タイトボンドを水で薄めて・・・薄めすぎた(汗
気を取り直して、真ん中のアバロンが入るところから、入れてみる。
パーフリング6枚とテフロンを入れる。「まっこんなもんか」って感じでまずまずうまくいった。
次は外周だな。ボンドを塗り、入れる入れる・・・・・・途中が入ってない・・・・
ボンドでTOPの溝が膨れたのだろう。ハンマーでたたくが入らない。
決断時だ!、抜け抜け!
とりあえず、抜いて水でよく拭いて、再度ボンドなしで入れるも入らん・・
気分転換に内側を入れよう。。。
今度はボンドを少しずつつけて入れていこう。・・・・・・・・だが、めんどい
全部ぬったれ!また入らない。・・・・ハンマーではたくとパーフリングが潰れた!
さらにはたく!なんとか入ったかなぁ・・・・
外側はどうしよう・・・考えてるうちに手が勝手にボンドを塗ってる。
あせらんで入れていこう。・・・・・やっぱり入らない・・・・
ハンマー君頼むぜ・・・たたきまくる。「やさしくたたく」なんて言ってられない。
たたけたたけ!!!天から声が聞こえる。。
入ったような、潰れたような・・・・
明日、ボンドが乾いたらどんなふうになってるんだろう。。。
怖い
ショックで写真とってないや・・・・
あぅ



2008年5月 6日 (火)

ドレメルの活躍

今日はインレイの溝堀をしようっと(貝殻きてないのに)
まずはエンドの両脇から
Imgp0849_2
またしても、油断してたらルーター暴走!
なんってこったメイプルまで削っちゃったぁ
ルーター施工後精密やすりで成型っと

うーーんこんな事で、これから大量のインレイ溝きりが待ってるんだが・・
不安だ

ついでにロゼッタのサークルも削っちゃお
Imgp0851
さすが値段の高い円切り用のガイドだ、いつに無くうまくいったv
と、思ったらいつの間にか中心ずれてる・・・
しかし、怖くてぎりぎりの深さまで掘れないぞ

ネック横の溝堀はパーフリングと貝殻入れた後にしよう

貝殻も一緒に削っちゃう予定なんだが、大丈夫なのかなぁ・

ここで問題発覚!

サイドとバックの接着しようと思ったら、モールドの高さが高すぎて接着できないことに気づいた・・

今度の休みは、モールドの改造だなぁ・・トホホ

2008年5月 5日 (月)

アコギ製作日記・・・・

ギターは大好きだ、いっぱい持ってるし・・・たいして弾けないけどね
そうインレイ入りの豪華なアコギが欲しかった。オーダーで頼もうか考えた・・・しかし高 い・・・100万超える・・どうする?

そう、答えは簡単だ、自分で作ればいいんだ!

親父と自分のの仕事柄、丸のことインパクトドライバーもある、クランプも2個ある。

製作の仕方のホームページもいっぱいある。ルターでも買えば一台作れるじゃん・・・・

練習に1台作ってからインレイギラギラの物なんかかったるくて作れない。

いきなり本番だ  遠くで声が・・・(あほーーーーーー)

早速材料の調達だ。S.mac、マーチンのキット・・・これにインレイ入れればOKじゃん

物色するも、トップがスプルース、サイドバックがローズウッド、もしくはマホガニーしかない・・・つまらん

LMIでキットを見るがやはり同じようなもんだ・・「ぉ?」カスタマイズ出来るぞ!

そう、LMIでは材料を自分好みに出来るとってもすばらしい事が出来るんだ。

悩んだあげく、トップはレッドシダー、サイドバックがQuilted Sapele、ネックは出来合いのボルトオン式

Quilted Sapeleはマホガニーって書いてたなぁ・・・よく分からん・・

そして発注!ヤフオクで落札したドレメルも到着した。

後は貝殻だ。ホームページを探し回りレッドアバロンの置いてる処を探して注文!

・・・・英語でメール・・・・LMIはカート式だったからそんなに英語は使わなかったが・・・

最初の難関だ!ヤフーの翻訳頼りにメールを書くが、帰ってこない・・・失礼な奴だ

次を探さなければ!ebayに出品してる貝殻屋さん(なんて言うの?)の評価がいいので、早速メール・・・と言っても英語なので時間がかかる。

ついでにカットもして貰おうと、インレイイメージを送ってみる。

おおーーー、寝てる間にメールが帰ってきてる。

早速翻訳してみる。おおー製作可能だ!!

早速注文!(本当に来るのかなぁ)

そうこうしてる間にLMIから材料が届く!

そんな訳で、ど素人のアコギ製作が始まったのでした。


今現在、サイド板の接着、バックのブレージングの接着が終わっています。

予想をはるかに超えた、不精度で進んでいます・・・・・あぅ

Kerfing

Kerfingの接着
100金、洗濯ばさみの活躍!



Buck0_2

バックブレース接着、クランプ買いました・・・



Buck1


ブレース接着完了


Buck2

バック材の様子

バックストリップって左右の板に挟んで接着するのね・・・・

板に溝掘って接着するんじゃないのね。トホホ

削りましたとも、ルターで頑張って・・・・・

掘りすぎました、バックストリップのほうがバック板より低い・・・・・しかも数箇所ルーター暴走!

バックストリップは大和マークさんより厚さ1mmを購入・・・送料のほうが高い・・

まっ、バックストリップの両側にインレイ入れるし、その時うまくやろっと。

箱にしてしまったら、面倒な感じがして早速インレイ用の溝堀り行いました。

今度はそれなりにうまく行ったぞぃ

今は、こんな感じです。無謀な冒険かもしれません。

でも、子供の頃の夢は大工さんでした、木材の加工も少しなら経験があります。(丸のこでコンパネ切るくらい)

弦を張って、音が出るまではやってみたいです。

まだまだ失敗が続くはずですが、暖かく見守ってくださいな。(笑

木工パテ買ってこなきゃ・・


トップページ | 2008年6月 »