2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月20日 (月)

トレモロ付け直し・ペグ交換

何時ものように、ここの更新は遅いがGtの改造は終わっています。
まずは、トレモロの付け直しの為、ドリル穴の埋め作業だ。
埋め木を購入10mm(68円だった)
Image053







この丸棒を25mmでカットして埋めるんだが、のこぎり無い・・調理バサミで切ってみるも切れるはずも無く、果物ナイフでチマチマ切りました。
Image054


まーこんなんもんだな



Image055

トレモロを載せてみると如何にずれているかが分かるな。




今度は慎重に位置を確認しドリルで穴あけだ、当たり前のことだがまたずれた・・

今度は6弦側にずれた。
Image063

かなりずれてるね。しかし俺の弾き方だとこれくらいで良いみたい。
普通でも1弦が弦落ちすることがあるからね。
ちゅーことでトレモロVS100の取り付けは完成だ!
元穴の埋め、塗装はしないぞ


さて、次はペグの交換だ













続きを読む "トレモロ付け直し・ペグ交換" »

2009年7月 4日 (土)

ギター改造

ヒストリーのストラトキャスターもどきですがこんなんです。

Image049_3

愛情がないと言いましたが、弾いていれば愛情がわくものです。

で、さらに愛情を注ぐため、気に入らなかった6点式トレモロを交換しました。

WillKinsonのVS100に交換です。scissors

二点式のトレモロでスタッドの穴を開け直す必要があるため、工具に金か掛かりました。

家に帰れば電気ドリルあるんだけど、買っちゃいました(汗

さて、本体のトレモロをはずすと

Image053

テープはセンター位置のマーキング用です。

さて、VS100をよく見ると、6弦側のスタッドの位置が弦のラインより外側に微妙にずれてる。

今ある穴を利用して再度開け直せないじゃないか、しかもザグリの部分がアームを止めてるボルトに、微妙に当たる・・

まずは、ザグリの部分をちょい拡大だ。百金に走りノミとハンマーを購入。

で、結果

Image054

こんなもんでOK

ボディの材だけど、すげー柔らかいのね。

果物ナイフで削れたかも・・

次に問題のスタッドの穴あけだ。6弦側のビス穴よりビス半分ちょいずらさなければならないんだよ。

埋め木が必要だが、そんなもんないんで爪楊枝三本差して埋め完了(今考えれば割り箸のほうが良かったかも)

で、新品の電気ドリルで削孔だノミは9mm

Image055

ボール盤がないのでちょい斜めになった。

スタッドを無理やりたたき入れ完了っと

・・・・・・スタッドずれてる・・・・・・・・

ばね付けて弦を張ってみる・・・・トレモロが1弦側に1.5mmくらい偏ってる。

ばぅーーーーーん

Image056

俺の計算では、1弦がスタッドの中心を通るはずだったのに・・・

早速チューニングして弾いてみる。

ぉさすがVS100滑らかな動きだ。バニラのようだ(意味不明)俺の決断は間違いではなかった・・フフッ

その途端、弦落ち・・・・・・・

俺の弾き方が悪いんだろうと再度狂ったように弾いてみる、狂ったように落ちる・・・・

フッ・・・

埋め木してスタッドの穴、開けなおしだな・・・・・あーーーーめんどくせーw

でも、VS100・・・いいねぇ。初期作動が良いんだよね(意味不明)

さて、明日はペグ交換予定だ(すでに本体購入価格を超えつつある)・・・・メンドイ

 

 

続きを読む "ギター改造" »

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »