2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

作業は急ピッチ

工作部屋退去のため、夜更かしして作業を進めております。
ネックですがとんでもないことになりました。
お気に入りのネックの厚さを測ると18.5mm程度・・・もう少し薄いかも
現在19.8mm、負けていられません(何が?)カンナでシャカシャカ・・・研磨・・・計測・・
18.6mmまで落とした。
さすがにもう良いだろうと思い400番の紙やすりで地肌の調整と思ったら3Fあたり縦に傷がある。「ぇ何?いつ付いたの?」
80番の紙やすりで消すかっと思った瞬間、嫌な気が!触ってみると「ぷにゅ・・・ぇぇえ!)
やっちまった、トラスロッドの溝だ・・・
計算では2mm残りはずなのに・・・フィンガーボード5mmだから18.5mmでも13.5mmロッドは11mmで溝切ったから2mmの余裕が・・・
はい、フィンガーボードの厚さ間違ってました、7mmありました・・
Imgp1650
ここはエポキシフィラー厚塗りでごまかそうw

Imgp1651

うぇーーん、怖くてロッド回せないぞ!!










ロッドが出てくるようなら、裏から溝切ってロッド取り替えてスカンクラインのように蓋だ・・・
が・こんな事俺に出来るわけがねぇ・・
仕方がない、何もなかったように作業を進めよう・・・・ぅぅ
エポキシフィラーを1日置いて研磨作業
Imgp1652
シャカシャカ






ネックは3回厚塗りしたぞ。
次にフレットの打ち込みだ
やり方は昔書いたのでここでは省略っと(いつも省略だろw)
Imgp1661
裏を見ると厚塗りしたフィラーにひびが・・・・えぅぅぅぅ
もう一回フィラーで厚塗りだ・・





気を取り直してピックガードと配線の製作をしよう
で、完成w
ピックアップ載せすぎだよな、普通の人は弾きづらいだろうなぁ

Imgp1645
Imgp1644
ピックガードの材料は低発砲塩ビ板で3mmの板厚です。

ホームセンターで黒で3mmで安いのがこれしかなかったのよ。しかしこの塩ビ柔らかい、さくさく切れてさくさく削れる。
大丈夫なのか?
ピックガードの大きさは普通のフェンダー物よりかなり大きいです。
ボディの虫食いを隠すのとポッドの所に余裕が欲しかったため)
100斤で買ったアルミテープを貼ってポッドとスイッチの穴明けて完成だ
問題のピックアップだが
ハムバッキングのリアがディマジオの奴(型番忘れました)
フロントがダンカンのJBj-1
シングルがノーブランド(アッセンブリセットで2800円でしたw)
サーキットは単純でVoがシングル用とハム用の各1個でトーンはマスターです。
ミニスイッチは上が3S-シングル(5way)-ハムで下のミニスイッチがハムの切り替えです。
トーンは500kAでキャパシターは0.022だ(ハム重視だね)
ただ、普通はピックアップから直接トーンにいくんだが、これはVoを通ってからトーンに入れてます。(マスターにするためこれしかないと思う)
どんな音するやら・・・
ためしにアッセンブリBodyの乗せて見ました。
Imgp1646
うーーーんかっこいいような気がする。






現在塗装中です。スプレー塗りでクリア塗装だから、このままの見た目になります。
完成はもうすぐだ・・

2009年10月19日 (月)

ちゃくちゃくと

ちゃくちゃくと失敗しながらもギター作り進んでいます。
フィンガーボードの接着後です
Imgp1619_2
ヘッドの傷が気になります。
この接着なめてました、完全にネックと接着しておらずすこーし隙間ができました。クランプ掛が甘かったようです。
フィラーでなんとかごまかしましょう。









そして問題のネックの握りの掘削です。そりカンナと短刀とのこやすりで初挑戦です。
Imgp1620
とりあえずカンナであら削りして細部は短刀です。
のこやすりはあまり使用しませんでした。

Imgp1622

こういうところは短刀でちまちま削ります。
しかしけがき線が適当ですねぇ・・はは
ノギスで厚さを確認しながらかんなでシャカシャカです。

とりあえず、19.5mm程度まで薄くしました。普通のネックよりかなり薄いです。
目標は18.5mm・・・・激薄ネックです。しかもCシェイプの予定だが、恐る恐るなのですぐにDシェイプになってしまう・・・
Imgp1630


ヤスリをかけたところです。まだ19mmの前半・・もう少しカンナで削る予定








ボディのほうですが、ネックポケット、ピックアップ、コントロールキャビシティ(←あってる?)のザグリです。
ネックポケットとトレモロのザグリ以外は多少しくじってもいいので適当ですw
まずはネックポケット
Imgp1626
ネックをあててマーキングしてテンプレートがないのでMDF材のきれっぱしで両面テープでちゃちゃっとボデイと接着
このあとMDF材をクランプでとめて写真のようにルーターで切削だ
Imgp1629

こんなもんでしょ





ネック裏はヒールカット予定なので、のこやすりでシャカシャカ
Imgp1628

いい感じだ

次にトレモロ穴だ



Imgp1635

ここは自信がなかったのでテンプレート買いました。
(スタットの位置決めが自信なかったの)

Imgp1638

フフこれが押しばね式のザグリだ
Tの字だ
普通の方式とは違い、簡単に切削できました。

後はピックアップとコントロールキャビシティだ
Imgp1639

これは400番の紙やすりで削ってフィラー塗る前です。

で、フィラー塗りです。、またZ-POXYを使いました。
恐ろしく飴色になりました。
白いメイプルがマホガニー色になっちゃった。

Imgp1641

まっこんな色にしたかったのでOKだな
高いメイプル材(送料が高かったのだが)の割りに杢がいまいちだ。
裏半分はいいんだけどなぁ
片面ずつ4日かけてフィラー塗りだ
ネックは後でやる予定です。






ここで問題が
冬に近づき、自由に使ってた工作部屋の退去を命じられました。
冬の間鉢植えの草花をこの部屋に置くので、木の削りカスは言語道断らしい・・・
これから研磨でいっぱいカスが出るというのに・・・塗装が冬になるじゃないか・・・


2009年10月 9日 (金)

ポジションマーク入れ

アバロンでポジションマーク入れだ
アバロンは7mmの径、サイドは2.5mmなんだが7mmのドリルのノミってなかなか売ってないのね・・(100金ね)
鉄鋼用が欲しかったんだが、木工用で空けました
Imgp1607
こう見るとマークとずれまくりだな・・・気にしないが
穴を開けたらエポキシ接着剤に黒い粉入れて真っ黒にして
接着だ




Imgp1608


まっこんなもんでしょ
Imgp1609_2

後は紙やすりで削って完了

Imgp1610










同じ要領でサイドポジション入れて
Imgp1613
うーんいい感じだ






次にフィンガーボードとネックの接着にしました。
Imgp1616

フィンガーボードにピンを刺して接着時のずれをなくします。

トラスロッドのところはマスキングしてタイトボンドを塗る(とスチュワートマクドナルドの説明書には書いてあると思う・・笑)

Imgp1618

ここで問題が発生!
接着後ピンを抜くのだが、一本抜けない。
グリグリやってたら、ポッキン!・・・・・ぇ
フレットの溝の中で折れた・・・
フレット打てない・・・・

ヤスリで削ろうにも、溝が細くてダメ。しかたないので直尺ステンレス定規を刺して叩き込みました。

フレット浮かなきゃいいんだけど・・・

2009年10月 4日 (日)

失敗パートⅡ

フィンガーボード到着しました。
Imgp1596 しかし、なんと言うことだ・・・
ギブソンスケールを頼んだら0フレットからはじまってるじゃないの
スチュワートマクドナルドで買ったんだけど、写真をもう一度見ると確かに0Fからだ・・・ショック
これだとLSRローラーナットが乗らない
しかも、ギブソンスケールは24.75インチだろ12フレットまで24.75×25.4mm/2で314mmなのにこれは312mm
まぁ最初は312mmにしようと思ったから結果オーライ?(←私語?)
しょうがないので前に買った黒檀の厚さとRを合わせて接着しました。
Imgp1594

右の奴に紙やすりを付けてゴシゴシです





Imgp1598
タイトボンドで接着っと






次にネックのトラスロッドを入れる為の溝堀だ
ルーターに定規を当てて切削開始・・・・曲がった・・・・深さ1cm・・・・写真ありません
仕方ないので、ネック全体を21mmの厚さまでルーターで削りました。元は32mmだから約10mm
ガタガタなのでカンナかけて紙やすり・・・今度はフィンガーボードのような失敗はしなかった。
ネックを両面テープで机と接着してやったのが成功の原因か?しかし時間掛かるわー
厚さが予定通りになったら平面を確かめて(平面になんないけどw)再度ロッドの溝の切削だ
今度は、ルーターの両脇に定規当ててやりました。
Imgp1600

深さを何度も確かめまったりと切削。
三本溝が見えるのは、真ん中がロッドで両端がガーボンファイト入れる為の溝です。
カーボンファイト高すぎ。









Imgp1601




こんな感じです。







ヘッドは

Imgp1602

こんな感じです。ヘッドで段落ちする部分どうしようかなぁ
適当に切削したら切削位置間違えたし(ぉぃ
ルーターはガイドから落ちてヘッドがボコボコになるし
フィンガーボードの位置を15mmずらそう・・・


ボコボコニなったところはえぽきしで補修してみよう
Imgp1604







ボディは腹のあたる部分をカットしました
Imgp1605

もうちょっとだなぁ・・・センスねぇな

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »