2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年11月

2009年11月15日 (日)

とりあえず完成だ

久々です・・・怠けてました・・・
さて塗装だが、今回は普通にホームセンターで売ってる缶スプレーでやってみた。
色はエポキシフィラーであめ色になったのでそのままクリアーでの塗装。
天気の良い日曜日を選んで、朝から開始・・・のはずが寝坊して10時頃から開始
缶スプレーをお湯につけてボディとネックにシュパーシュパー、1時間休んでシュパーシュパー
毎回お湯を沸かすから、家庭内で苦情が・・・・ガスがもったいねーー・・・
まー気にせず、缶スプレー2缶半(半分はブルーのギターのネックに使用)計6回完了しました
Imgp1679
乾燥中・・・(やらせ写真です)






乾燥中にフレット打ち・・・普通は塗装前か乾燥後だよなぁ・・・
Imgp1661


ロッドが飛び出てるところ・・・
塗装も割れました


で、バックプレートの製作だ

Imgp1662
型紙あてて
Imgp1664

切る

そして角を斜めに面取りして完成


4日間乾燥させたのでもう待ってられんから研磨作業に移りました。(相変わらず早いぞ)
Imgp1668

これが研磨前

いきなり2000番の紙やすりで水研ぎです。


Imgp1671

こんな感じまでなります。





で、コンパウンドで粗い順から研磨して出来上がりがこれ
Imgp1674

ピッカピッカだ

研磨が終了したらネックの取り付けだ

Imgp1676

こんな感じでセンターを出して、クランプで固定しあらかじめボディにはねじと同じ径で穴を開けておいてネックにケガキ穴をあけます。

Imgp1677

で、ねじより1mm程度小さなドリルで穴を空けて完了です。

ピックアップ、ポッドのザグリ部分に導電塗料をたっぷり塗って

Imgp1681

また乾燥です。

まーこれは30分も置いておけばいいんでない?

さて問題のトレモロだ

ばねのずれ止めの為に、六角ねじをセットする。

ドリルでトレモロに穴を空ける訳だが、硬いの何の・・・

穴がずれちまった。

Imgp1675

くぅぅ

で、セットしてみる

Imgp1678

ボディ側の鬼ねじのセットが苦労したよぉ~

電気ドリル使えないし・・

ばねは写真では一番やわい奴ですが後でもう一つ固い奴(青)に変更しました。長さは55mmです。

書くのが面倒になってきたので。完成した事にしよう(笑

Imgp1718

Imgp1717

こんな出来だw

弦がビビリまくりで、フレットのすり合わせをするんだがヤスリを買う金がない・・・

アルミの短いスケール当てながら紙やすりで少しずつ削りました。

弦をはって音を出して、弦をはずしてびびってる所を削るの繰り返し・・

ビビリを解消したつもりが、2-3日たつとまたビビルので再度削る。これで何とかなりました。現在は一箇所だけチョーキングしたときビビリます。

今度弦を取り替えるときにでもすり合わせします。

結構弾きやすいギターになりました。いい感じです。

であ、失敗した箇所の写真です。

Imgp1705

ペグの4弦と5弦の間にドリル穴(ペグの穴空けながらTV見てたら貫通してしまった)

Imgp1706

説明は必要ないね。。。雑だ

Imgp1707

フロントピックアップのセンターが大きくずれてる

Imgp1708

穴あけが雑

ボディのセンター接着に隙間が・・

Imgp1710

トラスロッドの溝が出てる、おまけに塗装のクラック

その他多数・・・

まー弾きやすいから良しとしよう。

まだまだ調整が必要なんだけどね

そのうちサンプルサウンド上げますね。

今はLoopBoxの製作中(三系統)なかなか奥が深いんだ、普通にスイッチだけで作ると音漏れしちゃう。

で、リレー使って製作中。

いい所までは出来たよん、これもそのうち公開しますね。

であ

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »