2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« C-200その後 | トップページ | ネックヘッドの成型 »

2010年3月13日 (土)

4号機

そろそろ雪も解けたし4号機の製作に取り掛かろうと思い近所の銘木店に行くと、ボディ材にちょうどいいマコレ(チェリーマホガニー)があった。しかも杢入りで1ピースでとれる。
しかしホンジュラスマホが手に入りそうだったのでここは我慢だ。(買うかもしてないけど)
そんな時ゼブラウッドがあった。ネック材にちょうどいい大きさ、しかしちょっと高い。
ネック材は前回の残りの楓とサペリ(マホガニーの一種)があるのだが、ゼブラノに一目ぼれだw

Imgp1745_3

Imgp1744_7

三枚並べると

Imgp1743_2

う~んいい感じだヘッドの形状だがめんどうなのでまたスモールヘッドのストラトで行くつもり、ただ角度を付けてみようと思うが、材の厚さが32mmなので6度くらいしかつかない。5,6弦のテンションが心配だ・・

前回のテンプレが見当たらないので、再度製作した。

Imgp1747

ジグソーでざっくり切って、紙やすりで成形

Imgp1749_3

で、木材をざっくりジグソーで切って

Imgp1750_2

テンプレを両面テープで張ってルーターで切断だ

Imgp1753

こんな感じで段階的に切削だ

で、

Imgp1755_2

とりあえず完了・・・ちょい失敗したがたいした事じゃないからOK

しかしよく考えたら角度付けてから成形だよなぁ・・・・・

早まったか・・・・

明日は角度つけと、注文していたボディ材が到着予定なので切断接着だな(2ピースにする)

また、行き当たりばったりの作成になるな。

 

 




« C-200その後 | トップページ | ネックヘッドの成型 »

ギター製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1036198/33754548

この記事へのトラックバック一覧です: 4号機:

« C-200その後 | トップページ | ネックヘッドの成型 »