2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ギター製作

2010年7月28日 (水)

製作再開

やっと帰ってきましたぁ~その日に出張に行けと言われ、4ヶ月・・・
4号機の製作を再開できます。が!すぐに出張決定・・・・はぁ
めげずに再開ですね。
出張中にいろいろと木材を買ってしまったので、2台同時に作ろうかなぁと思っています。
4号機
ボディ ゼブラノ
ネック ゼブラノ
Fボード メイプル
5号機
ボディ ホンジュラスマホガニー トップ メイプル
ネック メイプル
Fボード スネークウッド
ピックアップ等はおいおい書いていきますね(すでに購入済)ただ5号機はピエゾを付ける予定です。

4号機
ボディの接着、荒切り、ピックアップザグリは終わってます。

Imgp1742

接着したんだけど、もともと綺麗な切り口だったんでささっと接着したら、また隙間が開いてしまいました。・・・トホホ
もっと慎重に行うべきでした。まぁそのうち分からなくなるでしょうが(本当に?)
今回ボディの切断は、ルーターのみで行いました。

Imgp1744_3

Imgp1745

Imgp1746


テンプレート(出張中に製作しました)を両面テープで貼り付けて、ルターで少しずつ切削

そして完成。しかしこのゼブラノちゅー木はささくれが酷い・・ヤスリかけが大変だぞ。

そしてピックアップ部のざぐりだ

Imgp1750_2

やけに綺麗なのは、ピックアップ用テンプレート買いました。やっぱり金の力だわw

ワンパターンのS-S-H-Sのレイアウトです。

そうしてボディサイドのささくれをヤスリかけして

Imgp1751

こんな感じでなりました。






 






続きを読む "製作再開" »

2010年4月24日 (土)

キルトメイプル到着

出張先で木材をたんたんと購入していました、買いすぎで金欠です。馬鹿野郎です・・
キルトメイプル2枚、フレイムメイプルとバーズアイメイプル各1本、ホンジュラスマホガニー2枚、ネック用ホンマホ1本・・・

メイプルはUSAからの個人輸入です。(木材は宅配便使えないのね・・・・)
まずはTOP材

Image031
拡大すると

Image033_4

 

恐ろしいほどにキルトが浮き出ています。しかも撮影用に湿らせた分けではありません。3Dキルトというやつですね

ネック用に買った長尺物の材

Image035

う~ん、これも素晴らしい

後のメイプルは、ネック用として売っていやつ、高かったぁ~

Image038

フレイムメイプル 表面がろう付けしてあるようで杢がよく見えません。

Image040_2

バーズアイメイプル なかなかな物です。

ホンマホは後ほどUPします。

しかし杢フェチとしては、これにのこぎりを入れるのがもったいないや

飾っておいても良いくらいだ・・・

ギター作るより、木集めるのが楽しい毎日。。。。馬鹿野郎ですね

 


2010年3月16日 (火)

ネックヘッドの成型

今回はネックの角度付けだ
段階的にルーターで切削していき、カンナで段をとってペーパー掛けだ。

Imgp1757

これは表面、こっちは結構楽にいける。が問題は裏面。
ドレメルルーターとトリマーで交互に切削した。

Imgp1760

で、カンナかけてペーパー荒仕上げ

Imgp1762

Imgp1761

裏面が局面になってるが、後で平らにする。
しかし厚さ15mmの予定が14mmになっちまった・・・・トホホ
後、残りの部分を32mmから21mmまで落とさなきゃならん。ルーターちまちま削ろうと思ったが、非常に面倒で材がもったいない。
バンドソーの購入を考えている。(高いんだよなぁ)
買ったところで上手く使えるかは????

さて、ボディ材と指板材が届いた。

Imgp1778

まずボディ材悪趣味で何かいい感じだ(ゼブラノ)

Imgp1772

そしてこれが指板に使う高価なスネークウッドだ。
一枚を半分に割ってもらった。6mmづつになる予定が8mm・・・・
また、厚さ落とさなきゃ・・
スネークウッドはかなり硬く、叩くと甲高い音で鳴ってくれる。楽しみだ
黒檀よりも硬い感じだ

さて、今回の塗装もスプレーでやろうと思うが、フィラー(下塗り)を変えようと思い、いろいろ実験をした。
今までは、エポキシフィラーだが、今回は木工用プライマーにしようかなっと
・・

Imgp1765_2

これが、エポキシで下塗りしクリヤーで塗装したもの。

ピッカピカだ。(上半分は未塗装)

Imgp1766

これがプライマーでの塗装、ちょいピカピカ
フィラー以外は同じだけど、ずいぶん違う。
拡大図載せます。

Imgp1768

Imgp1767

上がエポキシで下がプライマー
エポキシは木の導管を埋めてそこが黒くなってる。エポキシの色自体で飴色ががって表面はツルツルだ。
プライマーは導管のところも窪んでて、色もほとんど付いていない。表面は導管の部分がへこんだ感じだ。
ピカピカで光り輝くのがエポキシだな、プライマーは渋くて触り心地もいい感じっぽい。
どっちにするか悩みそうだ。

なを緊急な長期出張の為(飛行機で行くところ)、製作は一時中断だ・・はぁ
(朝言われてに午後から行け命令だ・・・、いつ帰ってこれるかは、全く未定・・なんだかなぁ)

じゃ











2010年3月13日 (土)

4号機

そろそろ雪も解けたし4号機の製作に取り掛かろうと思い近所の銘木店に行くと、ボディ材にちょうどいいマコレ(チェリーマホガニー)があった。しかも杢入りで1ピースでとれる。
しかしホンジュラスマホが手に入りそうだったのでここは我慢だ。(買うかもしてないけど)
そんな時ゼブラウッドがあった。ネック材にちょうどいい大きさ、しかしちょっと高い。
ネック材は前回の残りの楓とサペリ(マホガニーの一種)があるのだが、ゼブラノに一目ぼれだw

Imgp1745_3

Imgp1744_7

三枚並べると

Imgp1743_2

う~んいい感じだヘッドの形状だがめんどうなのでまたスモールヘッドのストラトで行くつもり、ただ角度を付けてみようと思うが、材の厚さが32mmなので6度くらいしかつかない。5,6弦のテンションが心配だ・・

前回のテンプレが見当たらないので、再度製作した。

Imgp1747

ジグソーでざっくり切って、紙やすりで成形

Imgp1749_3

で、木材をざっくりジグソーで切って

Imgp1750_2

テンプレを両面テープで張ってルーターで切断だ

Imgp1753

こんな感じで段階的に切削だ

で、

Imgp1755_2

とりあえず完了・・・ちょい失敗したがたいした事じゃないからOK

しかしよく考えたら角度付けてから成形だよなぁ・・・・・

早まったか・・・・

明日は角度つけと、注文していたボディ材が到着予定なので切断接着だな(2ピースにする)

また、行き当たりばったりの作成になるな。

 

 




2009年11月15日 (日)

とりあえず完成だ

久々です・・・怠けてました・・・
さて塗装だが、今回は普通にホームセンターで売ってる缶スプレーでやってみた。
色はエポキシフィラーであめ色になったのでそのままクリアーでの塗装。
天気の良い日曜日を選んで、朝から開始・・・のはずが寝坊して10時頃から開始
缶スプレーをお湯につけてボディとネックにシュパーシュパー、1時間休んでシュパーシュパー
毎回お湯を沸かすから、家庭内で苦情が・・・・ガスがもったいねーー・・・
まー気にせず、缶スプレー2缶半(半分はブルーのギターのネックに使用)計6回完了しました
Imgp1679
乾燥中・・・(やらせ写真です)






乾燥中にフレット打ち・・・普通は塗装前か乾燥後だよなぁ・・・
Imgp1661


ロッドが飛び出てるところ・・・
塗装も割れました


で、バックプレートの製作だ

Imgp1662
型紙あてて
Imgp1664

切る

そして角を斜めに面取りして完成


4日間乾燥させたのでもう待ってられんから研磨作業に移りました。(相変わらず早いぞ)
Imgp1668

これが研磨前

いきなり2000番の紙やすりで水研ぎです。


Imgp1671

こんな感じまでなります。





で、コンパウンドで粗い順から研磨して出来上がりがこれ
Imgp1674

ピッカピッカだ

研磨が終了したらネックの取り付けだ

Imgp1676

こんな感じでセンターを出して、クランプで固定しあらかじめボディにはねじと同じ径で穴を開けておいてネックにケガキ穴をあけます。

Imgp1677

で、ねじより1mm程度小さなドリルで穴を空けて完了です。

ピックアップ、ポッドのザグリ部分に導電塗料をたっぷり塗って

Imgp1681

また乾燥です。

まーこれは30分も置いておけばいいんでない?

さて問題のトレモロだ

ばねのずれ止めの為に、六角ねじをセットする。

ドリルでトレモロに穴を空ける訳だが、硬いの何の・・・

穴がずれちまった。

Imgp1675

くぅぅ

で、セットしてみる

Imgp1678

ボディ側の鬼ねじのセットが苦労したよぉ~

電気ドリル使えないし・・

ばねは写真では一番やわい奴ですが後でもう一つ固い奴(青)に変更しました。長さは55mmです。

書くのが面倒になってきたので。完成した事にしよう(笑

Imgp1718

Imgp1717

こんな出来だw

弦がビビリまくりで、フレットのすり合わせをするんだがヤスリを買う金がない・・・

アルミの短いスケール当てながら紙やすりで少しずつ削りました。

弦をはって音を出して、弦をはずしてびびってる所を削るの繰り返し・・

ビビリを解消したつもりが、2-3日たつとまたビビルので再度削る。これで何とかなりました。現在は一箇所だけチョーキングしたときビビリます。

今度弦を取り替えるときにでもすり合わせします。

結構弾きやすいギターになりました。いい感じです。

であ、失敗した箇所の写真です。

Imgp1705

ペグの4弦と5弦の間にドリル穴(ペグの穴空けながらTV見てたら貫通してしまった)

Imgp1706

説明は必要ないね。。。雑だ

Imgp1707

フロントピックアップのセンターが大きくずれてる

Imgp1708

穴あけが雑

ボディのセンター接着に隙間が・・

Imgp1710

トラスロッドの溝が出てる、おまけに塗装のクラック

その他多数・・・

まー弾きやすいから良しとしよう。

まだまだ調整が必要なんだけどね

そのうちサンプルサウンド上げますね。

今はLoopBoxの製作中(三系統)なかなか奥が深いんだ、普通にスイッチだけで作ると音漏れしちゃう。

で、リレー使って製作中。

いい所までは出来たよん、これもそのうち公開しますね。

であ

2009年10月 9日 (金)

ポジションマーク入れ

アバロンでポジションマーク入れだ
アバロンは7mmの径、サイドは2.5mmなんだが7mmのドリルのノミってなかなか売ってないのね・・(100金ね)
鉄鋼用が欲しかったんだが、木工用で空けました
Imgp1607
こう見るとマークとずれまくりだな・・・気にしないが
穴を開けたらエポキシ接着剤に黒い粉入れて真っ黒にして
接着だ




Imgp1608


まっこんなもんでしょ
Imgp1609_2

後は紙やすりで削って完了

Imgp1610










同じ要領でサイドポジション入れて
Imgp1613
うーんいい感じだ






次にフィンガーボードとネックの接着にしました。
Imgp1616

フィンガーボードにピンを刺して接着時のずれをなくします。

トラスロッドのところはマスキングしてタイトボンドを塗る(とスチュワートマクドナルドの説明書には書いてあると思う・・笑)

Imgp1618

ここで問題が発生!
接着後ピンを抜くのだが、一本抜けない。
グリグリやってたら、ポッキン!・・・・・ぇ
フレットの溝の中で折れた・・・
フレット打てない・・・・

ヤスリで削ろうにも、溝が細くてダメ。しかたないので直尺ステンレス定規を刺して叩き込みました。

フレット浮かなきゃいいんだけど・・・

2009年10月 4日 (日)

失敗パートⅡ

フィンガーボード到着しました。
Imgp1596 しかし、なんと言うことだ・・・
ギブソンスケールを頼んだら0フレットからはじまってるじゃないの
スチュワートマクドナルドで買ったんだけど、写真をもう一度見ると確かに0Fからだ・・・ショック
これだとLSRローラーナットが乗らない
しかも、ギブソンスケールは24.75インチだろ12フレットまで24.75×25.4mm/2で314mmなのにこれは312mm
まぁ最初は312mmにしようと思ったから結果オーライ?(←私語?)
しょうがないので前に買った黒檀の厚さとRを合わせて接着しました。
Imgp1594

右の奴に紙やすりを付けてゴシゴシです





Imgp1598
タイトボンドで接着っと






次にネックのトラスロッドを入れる為の溝堀だ
ルーターに定規を当てて切削開始・・・・曲がった・・・・深さ1cm・・・・写真ありません
仕方ないので、ネック全体を21mmの厚さまでルーターで削りました。元は32mmだから約10mm
ガタガタなのでカンナかけて紙やすり・・・今度はフィンガーボードのような失敗はしなかった。
ネックを両面テープで机と接着してやったのが成功の原因か?しかし時間掛かるわー
厚さが予定通りになったら平面を確かめて(平面になんないけどw)再度ロッドの溝の切削だ
今度は、ルーターの両脇に定規当ててやりました。
Imgp1600

深さを何度も確かめまったりと切削。
三本溝が見えるのは、真ん中がロッドで両端がガーボンファイト入れる為の溝です。
カーボンファイト高すぎ。









Imgp1601




こんな感じです。







ヘッドは

Imgp1602

こんな感じです。ヘッドで段落ちする部分どうしようかなぁ
適当に切削したら切削位置間違えたし(ぉぃ
ルーターはガイドから落ちてヘッドがボコボコになるし
フィンガーボードの位置を15mmずらそう・・・


ボコボコニなったところはえぽきしで補修してみよう
Imgp1604







ボディは腹のあたる部分をカットしました
Imgp1605

もうちょっとだなぁ・・・センスねぇな

2009年9月10日 (木)

出来ちゃいました

海外より購入した木材の加工をすっ飛ばして、Body買っちゃいました。Σ(・ε・;)

ネックは出来上がってるし、ピックアップもアッセンブリーで買っちゃっいました。。。

Simgp1552

これは、ネックを塗装する前です。



Simgp1553

ここのネックはシーラー(目止め?)塗装まではやってくれてるので、缶スプレーで一気に塗装しました。

おきて破りの乾燥時間6時間、速攻コンパウンドかけて、ボディとジョイントしちゃいました。

朝から塗装して夜にはボディに接合していました。

ピックガードは形と8点のねじ穴だけの物に自分で穴を開けました。ペグをつけて完成です。

Simgp1555

                                                 

Simgp1557_2

 

スペック書いておきます。

ネック フレームメイプル グラスファイト入り

形状 ThinD 0.75-0.81

指板 エボニー

ナット幅 1.650 ローラーナットLSR

ペグ SPERZEL/6L

22F

フレット #6100

ボディ キルトメイプル2ピース

ピックアップ saijo製 S-S-SSパッシブ 取替え予定!

トレモロ ウイルキンソンVS100 スタッド穴は自分で空けました

コントロール トグルスイッチ→リアSS(シリーズ配線)-3シングル(5Wayスイッチ)-3シングル同時パラレル接続

こんな所です。

ちょっとボディ材とピックアップが合ってない感じがします。

生音は最高にいいんだけど・・・あは

 


2009年7月 4日 (土)

ギター改造

ヒストリーのストラトキャスターもどきですがこんなんです。

Image049_3

愛情がないと言いましたが、弾いていれば愛情がわくものです。

で、さらに愛情を注ぐため、気に入らなかった6点式トレモロを交換しました。

WillKinsonのVS100に交換です。scissors

二点式のトレモロでスタッドの穴を開け直す必要があるため、工具に金か掛かりました。

家に帰れば電気ドリルあるんだけど、買っちゃいました(汗

さて、本体のトレモロをはずすと

Image053

テープはセンター位置のマーキング用です。

さて、VS100をよく見ると、6弦側のスタッドの位置が弦のラインより外側に微妙にずれてる。

今ある穴を利用して再度開け直せないじゃないか、しかもザグリの部分がアームを止めてるボルトに、微妙に当たる・・

まずは、ザグリの部分をちょい拡大だ。百金に走りノミとハンマーを購入。

で、結果

Image054

こんなもんでOK

ボディの材だけど、すげー柔らかいのね。

果物ナイフで削れたかも・・

次に問題のスタッドの穴あけだ。6弦側のビス穴よりビス半分ちょいずらさなければならないんだよ。

埋め木が必要だが、そんなもんないんで爪楊枝三本差して埋め完了(今考えれば割り箸のほうが良かったかも)

で、新品の電気ドリルで削孔だノミは9mm

Image055

ボール盤がないのでちょい斜めになった。

スタッドを無理やりたたき入れ完了っと

・・・・・・スタッドずれてる・・・・・・・・

ばね付けて弦を張ってみる・・・・トレモロが1弦側に1.5mmくらい偏ってる。

ばぅーーーーーん

Image056

俺の計算では、1弦がスタッドの中心を通るはずだったのに・・・

早速チューニングして弾いてみる。

ぉさすがVS100滑らかな動きだ。バニラのようだ(意味不明)俺の決断は間違いではなかった・・フフッ

その途端、弦落ち・・・・・・・

俺の弾き方が悪いんだろうと再度狂ったように弾いてみる、狂ったように落ちる・・・・

フッ・・・

埋め木してスタッドの穴、開けなおしだな・・・・・あーーーーめんどくせーw

でも、VS100・・・いいねぇ。初期作動が良いんだよね(意味不明)

さて、明日はペグ交換予定だ(すでに本体購入価格を超えつつある)・・・・メンドイ

 

 

続きを読む "ギター改造" »

2009年5月14日 (木)

ギター製作再開っと

久々の更新ですねぇ、でギターでもまた作ろうかなっと・・・・
昨年発注して到着しているフレームメイプル5Pネックはおいといて、ソリッドギターにしようと思っています。
どんなのいするかと言えば、Saijyoギターをぱくります・・・・(いいのかなぁ・・)
ぱくると言っても、絶対に違うギターになるはずだから(技術的に無理があるから)OKかな。。
全体の感じは、ストラトキャスターベースでBodyを一回り小さく薄くして、ミディアムスケールでいこうかなっと・・
で、Body材をメイプル2Pにしました・・(おぃ)
ebayで買ったのだが、送料が高い・・重さ8kgだもんなぁ・・
Imgp1524_2



Imgp1525_2 厚さが

 

予定でBodyの厚さを43mmにしようと思ってるからぎりぎりOKかな?


今はこの材、製材所に出張中です( ^▽^)
指板材は近くの木材店で購入
Imgp1519_2

黒檀(エボニー)です450円・・・高い・・
といいつつ、ネックはオーダーする予定です。(1本は自分で作ろうと思ってるけど・・・)

今はまだ、図面の製作とテンプレートの製作中・・
Imgp1531_2

こんな感じです。

しかしテンプレート作るのにこんなに苦労してこれから大丈夫なのかしら??

その他のカテゴリー